2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


通園グッズひとくちメモ

通園グッズをお買い上げ頂きました皆様、ありがとうございます。



ご質問のお答えなど、こちらのブログでして参りたいと思いますので、
何かございましたらメールくださいませ。

今日は、ミシンでのソーイングにあると便利な小道具について
ちょっとだけお話ししたいと思います。


**********************


今回のキットでは、チャコペーパー等で印を付ける代わりに、
工業用パターンと同じ、
「ノッチ」という切り込みで印をつけてあります。

最近はソーイングの書籍でもしばしば紹介されているので
ご存知の方も多いと思います。

このときに活躍するのが、

「ステッチ定規」という

ミシンのアタッチメントです。



こんな風になっていて、縫い代の幅に合わせてガイドとして活躍してくれます。
ミシンのアタッチメントを販売している手芸店等で購入出来ます。
(1000円くらいでしょうか。
お使いのミシンが家庭用か工業用かで異なりますので、ご購入の際は確かめてからお店に行って下さいね。)


今後もソーイングをしばしばされる方には持っていて便利な道具ですが、
たま〜にしかしないなら、



↑ミシンのテーブルに目盛りがついていれば、それで、

また、目盛りがついていなければ、



こんな風にテープを貼ることで代用ができますのでご安心くださいね。


*******************


もう一つ、縫製のプロは必ず持っている道具。

それは

「目打ち」です。


こんな風にひっくり返した角を整えたりするのにも使えますし、



なんと言っても、ミシンでの縫製中には欠かせません。
↓ ↓ ↓


手を添える代わりに、目打ちをちょっと添えると、
ミシンの針のギリギリの所まで押さえていられますので安定して縫えます。

特に細かなもの(今回のキットでしたらリボンなど)を縫うのにとっても重宝します。

縫製のプロは、例えばジャケットの袖付けなども
マチ針をうたずに合い印と目打ちだけで縫ってしまうのですよ!!!
(私はできませんけど。。。)


***********************

今日はこの辺まで。
良かったら参考にして下さいね。






スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--