2017/11

<< November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


リバティチュニック作成のポイント。



販売詳細はこちらから↑↑↑

昨年のオーダーメイドチュニックに代わり、キットになったリバティチュニック。

こちらでは今回のチュニックのポイントになる、
「縫い代付きパターンの裁断と印しつけ」
「ヨークの作り方・つけかた」
「襟ぐりのパイピング」について、
画像つきで解説していきます。

普段のソーイングのヒントになることも盛りだくさんですので、
参考にしてくださいね。

また、今回のチュニック作成にあると便利な道具、
「ステッチ定規と目打ち」についてはこちらから。


*** 縫い代付きパターンの裁断 ***

キットについているパターンは
縫製工場で使用されているものと同じく縫い代付きのものを
一般の方にもわかりやすいようにアレンジしてあります。

チャコペーパーなどによる面倒な印つけの作業がないので、
効率的に作業が進みます。
合印は、ノッチと呼ばれる3ミリほどの切込みを入れます。

では、まず裁断しましょう。


画像は90センチサイズの場合の配置例です。
生地幅を2つ折にして、前中心を「わ」で配置しています。


パターンは「布目方向の矢印」を生地の耳に平行に置きます。
生地の耳から定規で「布目方向の矢印」までの寸法を測りながら配置するとよいでしょう。


各パーツを裁断し終えたらそれぞれにノッチ(3ミリ程度の切り込み)を入れます。


縫製時のピンうちは、合印となるノッチを合わせながら、縫い目線の辺りに打っていきます。
画像のようにピンですくう部分はできるだけ少しにします。
(ちなみに画像は袖山と身頃をピンうちしたところです)



*** ヨークの作り方・つけ方 ***


ヨークの端と、2つ折りのバイアステープの端を揃えてピンうちしていきます。
直線部分ではフラットに、カーブのところでは特にテープを引っ張らないようにしてピン打ちします。
(慣れている方はピンうち前にバイアステープの方を出来上がりの形にアイロンでクセとりすると良いのですが、
慣れていないと逆にゆがめてしまうので今回はクセとりをしない方法で説明します。)



ステッチ定規をガイドに端から0.7cmのところにステッチをかけます。
ステッチ定規のない場合は、ミシンのテーブルのメモリ等をガイドにしてください。
カーブ部分は(画像右)ステッチ定規には頼らず、ミシンの押さえ等、針の近くを見ながら0.7センチをキープします。


縫い目にアイロンをかけて落ち着かせます。(画像左)
バイアステープを裏に折り、アイロンをします(画像右)


アイロンで整えたところです(画像左)
平らなところで身頃の上にヨークを据え(画像右)
前中心のノッチ、肩線、襟ぐり線を合わせてピンうちをします。


ヨーク上からコバミシン(画像左)、
襟ぐりから0.3センチほどのところにもステッチをかけます。


*** 衿ぐりのパイピング ***


衿ぐりの端と、両折りバイアステープの端を揃えてピン打ちします。
(ヨーク同様、慣れた方はピンうち前にクセとりをしてください。
慣れていない方は、端から0.5のピン打ちをする辺りで、身頃とテープがぴったりぴったりと思ってピン打ちするときれいにできます)



テープの折り目は端から0.6cmのところですが、これを無視して0.5�のところにミシンをかけます。画像左。
(↑ここ、「気まぐれショップ流のポイント!」)
ミシンのきわからしっかりアイロンで折り返します(画像右)


テープで縫い代をくるみ、裏側へ折り返します。
この状態で、テキストの下の図のようになり、パイピングの表と裏に0.2センチの差ができます。最後に表からコバステッチをかけた時に、裏側でミシン目が外れるという失敗が少なくなります。



次にリボンの先を折ります。
リボン部分の長さは、後ろ中心から25センチの位置で切っておきます。
はじめに下4分の1を折り上げ(画像左)、次にリボンの端を1センチ折ります(画像右)


さらに上4分の1を折り(画像左)、最後に半分に折り、画像のように端を間に入れ込みます(画像右)


リボンの先〜ネックライン〜もう片方のリボンの先へとピン打ちし(不安な場合はしつけ)、身頃の表側からコバミシンをかけます。
目打ちを添えると縫いやすいです(画像左)
リボン部分では毛抜き合わせ(縫い端がそろった状態)、ネックラインでは2ミリの差があるので、後ろ中心付近でごまかしながらピン打ちして縫うことになります。


コバミシンを表から見たところ(画像左)と、裏からみたところ(画像右)です。


これで、今回のチュニックの最大ポイントができあがりました!

ご質問があったので、次回はヨーク部分にピンタックを入れるアレンジ方法の解説です。
お楽しみに。




スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--