2017/09

<< September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


リバティチュニック。ピンタックアレンジの方法。


販売詳細はこちらから↑↑↑

「昨年夏のオーダーメイドの時みたいにピンタックを入れたい!」
との嬉しいお声を頂いたので、
今回はヨークにピンタックを入れるアレンジの方法です。

ピンタックを生地に入れてから裁断します。
普段のソーイングにも応用がききますよ!

**************************************


まずは型紙を準備します。
縦は「ヨークの型紙の長さ+3�(ゆとり)」
横は「ヨークの型紙の幅+10�(ゆとり4、タック分6)」
(ゆとりは念のため多めにしています)
真ん中に前中心の線、
2cm間隔で、両サイドに線をかきます(これが、ピンタックの山になります)


画像左…生地を裁断します。印はノッチで十分です(計14箇所)
画像右…ノッチを目印に、前中心以外をアイロンでしっかり山折りにしていきます(計6本)。


画像左…折り終えたところです。
画像右…0.5�幅でミシンをかけます。後で裁断してしまいますので、返し縫は不要です。



画像左…縫い終えたところです。
画像右…アイロンをかけます。タックをそれぞれ外側に倒します。ミシンをかけた部分は裏からも見てしっかり割ってください。


画像左…ヨークを裁断します。パターンは画像のように左右対称の見開きにします。
    前中心から両サイドに2cm(中心側のタックの山)に線を書き、
    タックと線を合わせてパターンを据え、裁断します。
画像右…裁断終わり。

あとは、ピンタックなしと同様にチュニックに仕上げるだけです。

お洋服のサイズにより、見え方のバランスは変ります。
このピンタックの幅で、全てのサイズに対応できますが、
こだわりのある方、是非、ピンタックの本数や幅をお好みでアレンジしてくださいね。





スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--